クリーミューですっぴん美人になるための正しい使い方・洗顔方法は?

クリーミュー,使い方,洗顔方法

クリーミューの実力を十分に発揮するには正しい使い方をしなければなりません。間違った使い方をすると効果がないだけでなく、肌を傷つけてしまうこともあります。今回はクリーミューの正しい使い方を徹底解説していきます。

 

クリーミューですっぴん美人になるための正しい使い方・洗顔方法は?【目次】

 

クリーミューの効果的な使い方をご紹介!

クリーミューの実力を活かすための正しい使い方を5つのSTEPでご紹介していきます。

 

クリーミューの使い方:STEP1.しっかりと泡立てる

クリーミュー,使い方,洗顔方法

クリーミューの特徴は何といっても濃密泡。この濃密泡を作らなければ意味がありません。クリーミューを3センチ程度出し、水を混ぜながらネットを使ってしっかりと泡立てます。


クリーミューの使い方:STEP2.泡をのせるのは皮脂の多いTゾーンから

クリーミュー,使い方,洗顔方法

クリーミューの濃密泡を顔にのせる際に適当にのせては効果を十分に発揮できません。まずはクリーミューの濃密泡を皮脂の分泌量や汚れが多いTゾーンからのせていきます。そして、Tゾーンから顔全体に広げていきます。


クリーミューの使い方:STEP3.泡で優しくマッサージするように全体に付ける

クリーミュー,使い方,洗顔方法

クリーミューのクッションのような弾力のある泡を活かして、泡を転がしながら手のひらで包むように顔全体をマッサージしながら洗顔していきます。


クリーミューの使い方:STEP4.あごや小鼻の周囲は細かく指先で洗う

クリーミュー,使い方,洗顔方法

顔には特に念入りに洗う必要がある箇所があります。それは「唇の下のあご」や「小鼻の周囲」など顔の中でくぼんでいる部分です。これらは毛穴が詰まりやすい部分であるため、指先を使って細かく円を描くように洗いましょう。


クリーミューの使い方:STEP5.手刀で顔の泡を落としてすすぐように

クリーミュー,使い方,洗顔方法

肌をこすらないように顔の泡を手で軽く落としていきます。これによってすすぎの際に肌にストレスをかける時間を減らすことができます。


 

クリーミューですっぴん美人になるための正しい使い方・洗顔方法は?

 

クリーミューで洗顔する際の3つのポイント

ぬるま湯で肌をしっかり濡らす

クリーミュー,使い方,洗顔方法

いきなりクリーミューを付ける前に、まずは33度くらいのぬるま湯で肌を濡らして予備洗いをしましょう。ただし、熱いお湯は厳禁です!熱いお湯は必要な皮脂まで流してしまうからです。

 

クリーミューは十分に泡立てる

クリーミュー,使い方,洗顔方法

クリーミューの特徴は何と言っても濃密泡です。この濃密泡が手と肌の間のクッションになって肌を守ってくれます。すぐ消えてしまうような泡ではなく、手のひらを逆さにしても泡が落ちないくらいのクリームのような弾力のある泡が理想的です。

 

ふわっふわの泡を作るには一緒についてくる泡立てネットを使い少しずつ水を足しながらくしゅくしゅするのがポイントです。

 

手ではなく泡で優しく洗う

クリーミュー,使い方,洗顔方法

顔を洗う際に、手で洗うのではなく泡で洗う、ということを意識しましょう。泡を顔の上でふわふわ動かすようなイメージです。ゴシゴシとこすらなくてもクリーミューの6種のクレイ(泥)の力で汚れをしっかりと吸着してくれます。そうすることで肌を傷めることはありません。

 

クリーミューの使い方【まとめ】

上記のように、クリーミューをしっかりと泡立てて洗顔をすることで、ニキビや毛穴の汚れといった肌トラブルを改善していくことができます。ただし、3つのポイントでもご紹介したように、正しい使い方をしなければ十分な効果を得ることはできません。面倒がらずに丁寧に洗顔していくことできっと肌の悩みが解決することでしょう。

 

クリーミューですっぴん美人になるための正しい使い方・洗顔方法は?